【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:28 12 19

読者様、あさと晩の「歯磨き」ってどうですか?
読者様やっていらっしゃると思いますけど、
歯磨きしなかったあさなどはとっても気持ち悪いですよね?

「歯磨きするな!」なんて言われたら、もう大変!
一日中、気持ち悪くて仕方ないでしょうね。

それをトレーニングに応用すればいいんじゃないでしょうか?

日々、腹筋を 「少しでも」 やっていれば、
やがて腹筋することが 「普通」 になります。
そして、腹筋をしないことが 、
「普通でない」 状態になります。

そうなると脳は 「普通でない」 状態に反応して、
「普通」 の状態に戻そうとします。

私の場合、
あさ時間が無くて腹筋しないと、
足がムズムズします。
そうなると駅に向かうウォーキングを早めにしたり、
階段を1段飛ばしで上がったりして、
足の筋肉を動かし温めようとします。

こうなってくると
腹筋しないことが 「不快」 と感じるようになり、
腹筋することが 「快」 になりますから、
習慣化しやすいことになります。

つまり、これは
「腹筋すること」 が 「普通の状態」と脳が認識して、
なんとか運動させることによって
「普通の状態」
にさせようと、脳が指令するんですね。

私たち人間の脳には、現状を維持しようとする本能があります。
体質にとって、良いことも悪いことも、
習慣化されたものは維持しようとするのです。

「トレーニングすること」が普通になってしまえば、
脳は体質に「トレーニングさせよう」とするわけです。

このように、脳の特性をうまく利用して、
シェイプアップを後押しする存在に変えてしまいましょう!