【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:29 4 19

昔は、やせていてキレイな身体のラインであっても、
年を重ねるに連れて、太っていくという人は少なくありません。

これといって食事の量を増やしているわけでもないのに太る…
という方もいらっしゃるでしょう。

なぜ、今までと同じ食事量であっても、
年をとると、徐々に太っていくのでしょうか?

加齢と太る現象をつなぐカギは、筋肉にあるようです。

筋肉というのは、
一定の年齢に達すると
徐々に減少していく性質があるんだそうです。

多少の個人差はありますが、
27歳前後をピークとして筋肉の量は減ってしまうらしいですよ!

普段、トレーニング不足気味という人は、
筋肉がどんどん減っていってしまうのです。

1日中ごろごろして、まったくトレーニングをしないと、
筋肉は、約0.5%程度減少してしまうといわれています。
かなりのハイペースといわざるを得ませんよね。

筋肉は、あたしたちが食事で摂取するエネルギーの多くを
消費してくれる役割があります。

ということは、筋肉の量が減ることによって、
消費されるカロリーの量も自然と減ってしまうのです。

ですから、まったく今までと同じ食事量であっても、
徐々に太ってくるというわけなんです。

なので、太ることを防ぐためには、
筋肉の量が減らないように、
常に身体を動かすように心がける必要があります。

将来的にも身体のラインを維持したいというなら、
25歳を過ぎたあたりから、
身体を動かすという習慣をつける必要があるんです。

そうすれば、きつい減量をすることもなく、
身体のラインを維持することができるはずですよ!

おしまい!!!