【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 





ハワイアンジュエリー、今すぐアクセス
ハワイアンジュエリーまるごと特集
URL:http://maile.co.jp/


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:14 7 19

一日の終わりに入るお風呂は、
疲れた肉体と心をリラックス&リフレッシュさせる大切な時間です。
それは、健康の面からも理にかなっています。

入浴後、肉体は温まっています。
やがて肉体が冷え始めると、眠くなってきます。
肉体は、冷え始めると眠気を覚える仕組みになっているのです。

入浴は、単に肉体を清潔にするだけではなく、
睡眠につながるという、大きな利点があります。
快眠のためにも、一日の終わりの入浴は良いことなんですね。

しかし最近は、
あさシャワーやあさ風呂派がかなり増えてきました。
あさ風呂は「余裕のある人」という感じで悪くないですよね?

しかしあさ風呂派は
「あさに入るからいいや」と、
夕方に疲れて帰宅した後、そのままベッドに直行、
というパターンが多く見られます。

そんなあさ風呂派は、夕方風呂派のように質の高い睡眠が
得にくくなってしまうんですよね。

ボーッとした頭をシャキッとさせるあさ風呂が、
これではなんだか悪循環ではないでしょうか。

さらにあさ風呂では、
お風呂の持つリラックス&リフレッシュの効果が
アダになってしまいます。

あさ風呂で肉体が温まるだけならいいのですが、
脳もトレーニング機能も反射神経もスイッチオフされてしまいます。
これは、自律神経の副交感神経が優位に働く
肉体のメカニズムによるものです。

これから一日の活動が始まるというのに、
肉体をくつろぎモードに入れてしまうのは
どうなのでしょうか?

また、あさ風呂は、
自律神経のリズムを乱してしまいがち…
あさにお風呂に入ったり入らなかったりという
不規則な生活パターンも同様で、
自律神経の不調を招きやすくなりますよ!