【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 





ハワイアンジュエリー、今すぐアクセス
ハワイアンジュエリーまるごと特集
URL:http://maile.co.jp/


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:18 11 19

減量って、
成果が出てくれば、俄然やる気を増すものですよね。

「今まで入らなかったジーンズがはけるようになった」
とか
「ちょっとからだのラインがすっきりとしてきた」
などという成果が出てくれば、もっと頑張ってみようと思うもんです。

ところがなかなかうまくいかないのが減量のつらいところ…
特に減量の成果がいつ出るかという決まりなどありません。

まさに「ゴールのないマラソン」のような減量。
だから、しびれを切らしてやめてしまったという経験を
読者様も持っているかもしれませんね?

減量についての情報が掲載されているサイトがあります。
また、減量の体験記を記しているサイトもあります。

そんなサイトを見ていると…
減量にチャレンジしてみて、
実際に減量が成功した人の話には共通している、
一つの法則があるみたいなんです。

それは、
短くて2週間、長くても3週間、
減量を続けていると、何らかの成果を実感することができる!
ということです。

具体的には、
からだのラインが細くなったとか、体重が減ったとか…
という効果です。

ですから、
減量に挑戦してみたい、
でもやり続けられるか自信がないという人は
2週間だけ頑張ってみてはいかがでしょうか?

「2週間」という風に区切ってしまえば、
何とかつらくてもやり続けられるのでは?

そこで、もし減量の成果が出てくれば勇気百倍!!
きっとその後も
減量を継続して続けることができるはずです。