【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 





ハワイアンジュエリー、今すぐアクセス
ハワイアンジュエリーまるごと特集
URL:http://maile.co.jp/


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:29 4 19

おいらたちの健康を維持していく上で、
栄養バランスを考えたご飯がとても大切になります。

特にエネルギー源となる3大栄養素、
たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の
頭文字をとった、
PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。

PFCバランスは、
栄養の質を評価する指標のひとつです。

からだにとって理想的なPFCバランスの割合は
たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。

ライス・麺類・食パンなどの炭水化物は、
おいらたちのからだの主なエネルギー源として利用されます。

特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、
不足すると頭の働きが鈍ってきます。

燃焼スピードが速いため、
からだの中に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

マグロ・ささ身・大豆などのたんぱく質は、
筋肉・爪・皮膚・内臓などを構成する細胞の主成分であり、
からだの機能を助けたり、調節する酵素やホルモンの材料となります。
おいらたちのからだをつくる大切な栄養素です。

牛・豚バラ肉・ウナギ・さんまなどに含まれる脂質は
からだの細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

また皮下脂肪・内臓脂肪として内臓や骨格を保護したり、
からだの中に蓄積できる効率のよいエネルギー源になります。

ひとつのものに偏らず、
栄養バランスを考えたご飯をとることが、
健康への大切な条件となるわけですね。

朝・昼・晩と
一日3食バランスのよいご飯を心がけましょう。