【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 





ハワイアンジュエリー、今すぐアクセス
ハワイアンジュエリーまるごと特集
URL:http://maile.co.jp/


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:05 8 19

よくシェイプアップ中は
ご飯の回数を減らしたほうがいい…
と考えている方がいますが、
それは大きな誤解です!

シェイプアップ中だからこそ、
一日3食食べたほうがいいんですよ!

どうして一日あたりの食事の回数を減らすのが、
シェイプアップ上よくないのかというと…

例えば、
ご飯の回数を一日2食に減らしたとします。
こうすると普段より1食少ないので
それだけで痩せた気になります。

しかし実際は
他の2食のご飯量が多くなってしまったり、
1食抜いた安心感から間食をしてしまったり…
結局は一日トータルの摂取カロリーは
普段より多くなってしまいがち…

また、
一日の摂取カロリーが一緒なら、
2食よりも3食で摂取したほうが
体脂肪ははるかにつきにくいといわれています。

それは
ご飯とご飯の間があくと、
体質の中に栄養分を蓄えようとするからです。

つまり、
ご飯が不規則だったり回数が少ないと、
いつ次に栄養を摂れるか判らないと判断しているんですね。

なので、
一日1800カロリーなら、
900カロリー×2食で摂取するよりも、
600カロリー×3食で摂取したほうが
体質に脂肪がつきにくいってことになるわけです。

「朝方はどうしても食べる気にならない」っていう人も、
ヨーグルトやシリアルといった軽いものでいいので
食べるようにしてみてくださいね。

こうするだけで、
体質に脂肪がつきにくくなるので、
結果としてシェイプアップも上手くいき、
リバウンドの反動も少なくて済みますよ!

朝方、少し早起きをして
ご飯を食べるようにするだけで、
シェイプアップの成功率がアップする上に、
一日をスッキリした気分で過ごす事が出来るなんて
まさに一石二鳥ですよね!