【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 





ハワイアンジュエリー、今すぐアクセス
ハワイアンジュエリーまるごと特集
URL:http://maile.co.jp/


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:14 5 18

ダイエット中は、
「ビールを控えた方が良い」とよく言われますよね。

それには、いくつかの根拠があります。

まずビール自体に、
かなりのカロリーが含まれているということです。

オレの妻は、
糖質を多く含む日本酒やビールはダメだけど、
ウィスキーや焼酎は、糖質が含まれていないから大丈夫だと
言ってるんですが…

カロリーを比較してみると、それほど大差ないんですよ!

しかもビールには、血液中の中性脂肪を増やす効果があります。
なので、結果的には体脂肪を増やしてしまうんです。

さらに、ビールには、
食欲を増進させてしまうという、
ダイエットの妨げになる効果があるのです。

ビールを摂取することによって、
冷静な判断をすることができなくなり、
食欲が理性を押しとどめ、むき出しになってしまいます。

そして、消化機能も高まるので、
どうしても大食いになってしまうんです。

ビールを飲んだ後の締めに、
塩ラーメンとか寿司を食べる人って、
よく見かけますよね?

通常なら食べることができないような量を食べてしまうのは、
ビールの影響を受けているからなんですよね!

適量であれば、別に問題ないんですよ。
例えば、日本酒なら1合とか、ビールなら中瓶1本程度とか…

でも
ビール好きの人にとっては、
ちょっとしか飲めないというのは、ツライことですよね?

ですので、
ダイエットにチャレンジしようというビール好きの人は、
しばらくの間、遠ざかった方がいいかもしれませんね。

しばらく我慢して、目標体重が達成できたら、
ご褒美にビールで乾杯するのはどうでしょう?