【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック

最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
それがモノビジョンレーシックと呼ばれるもので、遠くと近くが見える目を矯正するレーシックの種類となります。

 

老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックはそれと同じ効果を人工的に手術によって実現することが出来るのです。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
メガネもコンタクトレンズも必要の無い、自然体な裸眼での生活はきっと幸せを感じることでしょう。

 





ハワイアンジュエリー
ハワイアンジュエリーのこと
URL:http://maile.co.jp/


【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシックブログ:02 7 19

午前中一番多く食べて、
よるにかけてご飯量を減らしていく、
「午前中大、よる小」のご飯の摂り方が
減量の大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
減量効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなのご飯パターンが、
午前中は忙しいのでちょっとだけ食べて、
13時はそこそこ食べる、
そしてよるに沢山食べるパターンです。

このようなご飯の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
午前中はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

午前中しっかりと食べることは
1日のエネルギーを蓄える為にも重要な、
ご飯の時間帯であり、
減量に限らず健康面でも重要なことですね。

午前中食べずに
13時とよるのみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっているご飯方法です。

逆によるはエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多いご飯はとても太りやすい!
だからこそよるはご飯量を抑える必要があるのです。

…ということで、
減量での正しいご飯の摂り方は、
午前中からよるにかけて摂取カロリーを減らす、
「午前中大、よる小」の食事の摂り方になるわけです。

午前中しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
よるは脂肪の蓄積を抑えるためにご飯量を減らす。
これが太りにくいご飯方法であり、
健康面でもとても好ましいご飯の摂り方なのです。

午前中がどうしてもたくさん食べれないという人は、
13時を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。