【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能

近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 





高円寺 アパートナビ
高円寺 アパート、今すぐ
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/


【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能ブログ:17 7 19

「首が痛い」「ヒザが痛い」「コシが痛い」

これらは全て結果であり、
原因はその部分にはない場合がほとんどです。
打撲などの外傷の場合は別ですが…

ですから、原因が何かを考えずに、
痛めた部分を処置するだけでは、再発するのは当然です。

からだは、偏った使い方で酷使されると、
痛みによってその動きを制限しようとします。

痛みが出るのは、原因の部分とは限りません。
足指の歪みで首に痛みが出ることもあります。

つま先からヒザ、コシ、胸、首、頭…と
からだは非常に精密にできていて、
全てがつながっています。

それでは、からだに痛みが出たときは
どうすればいいのでしょうか?

からだに痛みが出た場合、
痛いところが悪いとは限りません。

しかしミーたち人間は、
痛みがあるとすぐに解消したくなります。

確かに、早く患部の痛みが無くなった方が、
気分はよいかもしれません。

しかしいずれ、
同じことが原因で痛みが再発してしまいます。
対症療法では、「問題の解決」にはならないのです。

問題を解決するには
「正しいからだの使い方ができるようになること」
が大切なのです。

からだに何か問題が起きたら、
原因は何かを考えてみましょう。
痛みはからだからのサインなのですから…

からだの一部を酷使しませんでしたか?
長時間、正しくない姿勢で過ごしていませんでしたか?

からだの問題を原因から解決するには、時間がかかります。
からだの歪みは、その人が何十年もかけて作り上げてきた、
動きのクセの集大成なのですから、仕方ありません。

それでも
根本的な原因を解消しなければ、
快適な日々を過ごせませんよ!